福島の宇宙人

これは自分で体験したものではないのですが、福島原発の事故を知ってすぐにこの話を思い出しました。
学生時代東北にバイクでツーリングした時のことです。
福島である少年と出会い、意気投合してその日の晩はその少年の家に泊めてもらうことになりました。 結構昔のことなので、相手は東京の事が新鮮だったらしく、また私も彼の話がとても新鮮でした。 何しろその地方の言い伝えに留まらず、あそこで何々すれば必ず妖怪が出てくるなんて聞いたらもうたまりませんね。
その話の中でUFOの話が出ました。 その辺りでは頻繁にUFOが目撃されるというのです。 近くに原子力発電所があるから、それを偵察に来るのではないかと言われていたそうです。
「ついこのあいだ、裏に住んでる兄ちゃんが夜中に国道を走っていると、 子供らしい人影が道の真ん中に立っているので、なんだと思ったらそれは宇宙人だったそうだ。」
そこにグッドタイミングで裏の兄ちゃんが登場。
「この前宇宙人を見たんだよな?」
「ああ、髪の毛が無くて、耳がでかくて尖って...」
あの少年も今ではいい年になっているはずです。 この震災で彼は無事だったでしょうか。
そしてUFOや宇宙人は今はもういなくなってしまったのでしょうか。