米を炊く


ごはんをかまどで炊きたいと考えたのですが、 うちには土間がないしいろいろ大変そうなので とりあえず使える野外用のかまどを探しました。
たくさんあったのですが、結局選択したのがまたもや 七輪本舗 さんの「ダッチオーブン用七輪」でした。 なぜかと言えばダッチオーブンも使いたかったからです。
オプションの五徳を乗せれば焚き火にちょうど良い高さとなり、 また最大の特徴は前面が開いていて薪をくべられるようになっているのです。 まさにかまど的七輪と言えましょう。
燃料の薪はそこら中にごろごろしています。 初めは焦がしたり芯が残ったりと失敗続きでしたが、 炊飯用土鍋のおかげか今ではおいしいご飯が炊けるようになりました。 雨の日と風の強い火には使えないのが難点ですが...

炭を熾すで紹介しましたが、 焚火台を手に入れたので、 さっそくこれで米を炊いてみました。
しかし窯と薪との距離を調整する事ができなかったため、 火が強すぎて盛大におごげを作ってしまいました。 窯の高さを調整する手段を考えないといけません。