炭を熾す

炭熾しは奥が深くて初心者にはひと苦労です。 私が初めて挑戦した時は新品の備長炭だったので なかなかうまくいかずに結構落ち込みました。
着火剤とファイヤースターターを使うバーベキュー野郎に 「なにそれ」とか言われそうですが、 うちわでパタパタも侮れませんよ。

火熾し器です。 炭を入れて家庭用のガスコンロで火を熾します。 野外で火を熾すスペースがない人には必需品です。
これは蓋が付いていて炭が爆ぜてやけどしたりあたりを焦がしたりするのを防ぎ、 台も下部が木製でテーブルの上に置く事ができてとても便利です。
しかし確実に火を熾すために10分から15分くらい火にかけなければならず、 ちょっと干物を焼こうと思うとそれ以上のエネルギーを火熾しに使うことに疑問を感じてから 今ではほとんど使わなくなってしまいました。

こちらの冬はとても寒いためか、着火用ライターや100円ライターは全く役に立ちませんでした。 そこでこのバーナーが大活躍です。
炭火熾しとしては非力で、前回使用した完全に水分が抜けた楢炭にしか使えません。 しかし気軽にできるため最近はずっとこれを使っています。
使い古しの楢炭をバーナーで炙って少し火が着いたところでうちわでパタパタやります。

うちわは火熾しだけではなく、 火加減を調整したり垂れた脂に火がついた時の消火にと大活躍します。 別に無料で配っているものでも構わないのですが、 こんなうちわでパタパタやるだけでなんか料理が美味しく感じられたりして...
室内で使う場合は灰が飛び散らないように要注意です。

で、結局スローライフの許しまじ反則技、フィヤースターターを買ってしまいました。
今NHKでやってる「趣味悠々 ひと味違う!ダッチオーブン入門」を見ててついむらむら来たもので...
別にキャンプじゃないので折り畳みできる必要がなかったのですが、 焚き火台にダッチオーブン用ロストル、炭、着火剤まで付いて大変お得なセットだったのです。 これに防火手袋さえあれば炭熾しとしては完璧です。
ファイヤースターターを使うと煙突効果により炭を短時間で効率良く熾せます。 どこかで茶筒を使って自作したのを紹介していましたが、 それなら七輪の中におけるので焚き火台は必要無いし、 少量の炭を効率良く使える七輪にはぴったりかも。 あ、七輪の中に置くならロストルもいらない...底を抜いた缶からがあればいいんだ。 早速缶から探しだ。
(買う前に気づけよ!!)